よりリアルなマネジメントノウハウを体得する機会を提供

よりリアルなマネジメントノウハウを体得する機会を提供

教員のファシリテーション能力が低ければ、ケースメソッドを採用していても、学びの質に大きな差が出るため、ビジネススクールを選択する際にオープンキャンパスや説明会で実際に体験クラスを受けまして確かめるといいでしょう。このケースメソッドと対照的なのがレクチャー(講義)形式です。従来の日本の大学の講義にみられてるように、教員が話す内容を聞いて覚えることで知識をインプットするスタイルです。アカデミック色の強い経営大学院ではレクチャー形式の授業比率が高いMBAプログラムもあるのです。この他、グループ単位で演習を繰り返す「グループワーク形式」や、書物から学ぶ「輪講形式」、実在の企業へのコンサルティングテーションなどの実務を通して学ぶ「プロジェクトベースドラーニング」など、MBAのクラスには、いろんなスタイルが取り入れられているのです。 さらに、「プロジェクト研究」を課すビジネススクールも多い。プロジェクトの内容はケースライティング、企業研究、ビジネスプラン策定など様々なのであって実際に企業や経営者を訪問して調査する「フィールドワーク」を伴う場合が多く、よりリアルなマネジメントノウハウを体得する機会を提供■したりする。

トップへ戻る