入学以前の段階でGMATやTOEFLの対策が必要

入学以前の段階でGMATやTOEFLの対策が必要

国内MBAの場合は、入学以前に特別な対策や知識をつけておく必要はないです。ただ、勤務を続けながら国内のビジネススクールに通う場合は、業務と学業を両立させないそしたらならない。通常の勤務に加えて授業時間や予習復習に必要な時間、プレゼン資料を作るための時間なども捻出しなければならず、会社や家族の理解と協力が必要な場合もあるのです。海外のビジネススクールでは入学以前の段階でGMATやTOEFLの対策が必要です。授業は現地語で行われているため高い語学力が求めるほかに、世界中から人材が集まってくるみたいな学校では講義や討論のレベルも高く、国内MBAと対すると相対的にMBA取得の難易度は高くなるのでしょう。国内のビジネススクールの多くが夜間や休日に授業を行って履修期間を2年間としいるが、フルタイムで講義を行って1年制としてる学校もあげられます。自宅から国内ビジネススクールに通う場合、必要な費用は300〜500万円程度になることが多くなったのでは。海外ビジネススクールも1年から2年を履修期間としたりする学校が多いです。海外のスクールに通う場合、授業料に加えて生活費も必要になるため、必要な費用はおおむね1000万円を超えます。

トップへ戻る