海外MBAと国内MBAで若干異なる

海外MBAと国内MBAで若干異なる

MBAというプロフェッショナルを育成する大学院では、教員に求める要件も独特であります。体系論理的な専門知識はもちろん、当該分野の深い知見と実務経験が重要視させられている。加えて、ケースメソッドのクラスでは、議論をコントロールし、学生に学習の要点を理解させる高度なファシリテーション能力が求められる。国内のすべてのビジネススクールでは、従来の大学院の教員に見られるみたいな学識豊かな研究家教員に加えて、ビジネス経験が豊富な実務家教員の採用を増やすスクールが増加したりする。しかしていながら、国内ビジネススクールの実務家教員の割合はまだ多くはない。実践性を特徴にあげちゃってるビジネススクールでも実務家教員の割合は 50%以下あげられますところが多いが、中には現役・実務家教員が90%を占めるビジネススクールも存在する。ビジネススクールにはいろんな職種や年齢のビジネスパーソンが集う。平均年齢は、海外MBAと国内MBAで若干異なる。海外 MBAの平均年齢は20代後半でありながら、国内MBAの平均年齢は30代中盤の学校が多いと言い聞かされてる。欧米では大学を卒業して、そのまんま、或いは2〜3年社会人として経験を積んだ後、会社を辞めてMBAを取得し、そこから転職するというキャリアが多く見られる。一方、日本ではばらつきはあるものの、5〜10年程度の社会人経験を積む中で、経営を体系的に学ぶことの必要性を実感してMBA取得を目指すビジネスパーソンが多い。ですからやや年齢層が高く、30代が中心となっている。

トップへ戻る