高いファシリテーション能力を持った教員が必要不可欠

高いファシリテーション能力を持った教員が必要不可欠

マネジメントの実践力を身につけることが目的のMBAプログラムでは、「ケースメソッド」「プロジェクト研究」など特徴ある授業スタイルを取り入れているビジネススクールが多くあるのです。ケースメソッドは、実践志向のビジネススクールでみられてる象徴的な授業スタイルです。実在する企業の事例を物語調にまとめた冊子をケースという。ケースの主人公は、何がしかの経営課題に直面した経営者である場合が多く、学生は授業前にこのケースを読み込みます。そうして、自分がケースの主人公の立場でしたら、状況をどう分析し、どんな戦略を計画し、実行するのだろうかを考え、自分なりの考えをもった上で授業に参加します。授業では、教員やクラスメイトとお互いの考えをぶつけあいながら、いろんな角度から自らの考えを検証していく中で、限られました情報から意思決定やるめの「情報分析力」や「問題解決力」といいました考える力を鍛えます。質の高いケースメソッドの授業を行うには、学生の十分な予習と、議論を整理し学習ポイントに結びつける高いファシリテーション能力を持った教員が必要不可欠となるのでしょう。

トップへ戻る