GMATの日本人の受験回数が減少

GMATの日本人の受験回数が減少

2000年代に入り、日本国内のビジネス環境は大きく変化してしまった。グローバル化が進展し、規制が緩和されまして、インターネットが普及し、ITやAIなどの技術が進化する中で、ビジネス構築やルールが大きく変化しました。その結果、今まで積み重ねてきた経験や専門知識だけでしたのでは解決できません課題に直面することの方が増えると同時に、急激な環境変化に対応するように意思決定のスピードも要求させられるようになってしまいました。こんな中で、短い期間で効率よく経営の幅広い知識やマネジメントスキルを身につけることが出来るMBAが、日本でも注目させられるようになりましてきたのです。2000年代初頭までの日本では、MBA取得というならば海外のビジネススクールへ企業から派遣されて取得するか、または私費で一定期間(2〜3年)の休職、もしくは仕事を辞めて留学し、取得するのが主流だった。しかし2003年からは、海外でMBAを取得する日本人が減少する一方、国内でMBAを取得するビジネスパーソンが急増しました。正しい数は不明ですけど、すべての海外ビジネススクールが採用してる試験であるGMATの日本人の受験回数が減少したりすることが伺えます。

トップへ戻る